• 確かな需給予測で、
    運転計画を立案し
    供給の安定と
    利益の確保を図る。

INTERVIEW

生産技術グループ

藤澤 辰悦

  • 発電所内には多種多様な設備が設置されています。都市ガスを燃料として水蒸気をつくるボイラーや、その水蒸気でタービンを回す発電機。そのほか、受配電設備や給水処理装置など、すべての設備を稼働させることによってエネルギーの生産が可能になります。生産技術グループのミッションは、そうした設備類を顧客企業の需要に応じて適切に運転するために、運転計画や設備導入の最適化を図っていくことです。

    中でも将来に向けた新たな設備の導入構想は重要課題です。コンビナート南グループの顧客企業に安定してリーズナブルに電力等のエネルギーを供給し、なおかつCO2排出量の削減や省エネ化を推進していくには、最新の設備技術の導入を常に検討しなければなりません。現在は、クリーンエネルギーの面で大きく前進できる、ガスタービン発電所の建設計画を進めているところです。

    需要に応じた発電所の運転計画で
    大幅なコストセービングが可能になるから面白い。

    私は2014年に当社に入社し、2019年4月から生産技術グループに配属されています。現場にも足を運ぶことの多いこの仕事は、当社のエネルギー生産のスケールの大きさを、肌で感じることができます。
    私の担当は、発電所の運転計画の策定です。年間を通してはもちろん、1日の中でも刻々と変化する需要に基づいて発電設備の運転計画を立てていきます。コスト面の観点から、東京電力より廉価な深夜電力を受電して顧客に送電する再販のような計画を組むこともあります。顧客企業から正確な情報を集め、より正確な需要予測を立て、それに基づいた運転計画を柔軟に実行することで、発電所の無駄な稼働を大きく抑えることが可能になります。発電設備を適切に運転することによるコストセービングの効果は絶大です。会社の収益をストレートに左右するので、責任の大きさを日々痛感しますが、大きなやりがいを感じます。

  • 発電所内の数々の設備について理解を深める毎に、
    仕事に対する思い入れは強くなります。

  • 生産技術グループに異動してまだ半年少々ですが、先輩の丁寧な指導のおかげで、生産計画を立てる際にベースとなる理論から発電に関する様々な知識に至るまで、少しずつ理解を進めることができました。
    でも、自社の敷地内に設置される様々な種類の設備の、すべての機能を完全に把握できるまでには至っていません。オペレータの方々がどのようなノウハウを持って設備や機械を操作しているのかも、もっと知りたいところです。
    そうしてどの設備がどんな役割を担い、どの機械が何の処理を行っているのか…そのすべてが分かるようになれば、運転計画はより確かなものになり、今後に向けてどのような生産技術を取り入れていくべきかが明確に見えるようになっていくと思います。設備一つ一つの能力を効率よく引き出していくために、視野をできる限り広げたいと考えています。

  • prof
  • PROFILE
  • (ふじさわたつよし)
  • 前職は保険システムのSE。結婚を機に地元に戻ることを選択し転職。システム構築のロジカルな考え方は生産計画立案に役立つと言う。
    • 08:20
      出社
      発電所の朝会に参加。オペレータと運転状況を共有し、前日の発電実績を報告。工事などの情報共有を図る。
      10:00
      情報の取りまとめ
      各顧客担当から電力や蒸気、純水の使用予測に関する情報を取りまとめて、供給予測を行う。
      12:00
      昼食
      社食のランチ定食は会社補助もあって格安。
      13:00
      ミーティング
      設備担当と定例会議。定期メンテナンスの報告を受ける。
      15:00
      運転計画の作成
      午前中に立てた供給予測をベースに、次月度の発電設備の運転計画を作成する。
      17:00
      帰宅
lifeinhere
  • 子育てには最高の職場と環境。
    イクメンライフを満喫しています。

    残業が少なく、休日出勤もないので、プライベートはいくらでも充実させることができます。子供が生まれるまで、休日は友人たちとゴルフを楽しんだりしていましたが、今は平日も休日も子供中心。家からも会社からも近い神栖中央公園まで子供を連れて散歩することが多いですね。また、小学校の時から地元の鹿島アントラーズファンなので、子供がもう少し大きくなったら、試合の応援に一緒に行きたいと考えています。

INTERVIEW/社員紹介

仕事のこと、
神栖市のこと、
何でも
お聞きください。

CONTACT US

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは
TEL 0299-96-4112