ご挨拶

ご挨拶

『信頼される発電所を目指して』

鹿島南共同発電株式会社は、1970年に鹿島東部コンビナートのエネルギーセンターとして操業開始以来、安全・安定運転と環境保全を最優先課題として取組んで参りました。地球規模の環境への関心の高まり、資源の有効活用、社会的責任の在り方など企業を取り巻く環境は大きく変化しており、お客様を含めた関係者の皆様の期待に応えるためには従来の手法を大きく変える必要に迫られております。

当社はこのような変化に柔軟に対応し、中長期の視点に立った会社運営を行うために次のような企業理念のもと、重点項目を定めております。

取締役社長 野田 寛章

企業理念

コンビナートの発電所としての使命を自覚し安全安定運転の維持とコスト競争力の向上に努め、敏速で誠意ある対応、環境保全と自然との調和をモットーに信頼される、企業を目指す。

■安全・安定運転
コスト競争力のあるユーティリティーを供給するために、「安定で効率的な運転」「設備保全」「人材の育成」を進めて参ります。
■環境への配慮
生産活動に伴って発生する環境へのインパクトを低減することは、大きな社会的要請となっています。特に地球温暖化に影響を与えるCO2排出量の削減などの課題につきましては最新技術の選択及び省エネルギー施策を積極的に取り入れて参ります。
■地域社会への貢献
全社員が地域社会と共存しているという意識を持てるよう、原料調達、生産から廃棄まで全てのプロセスにおいて環境影響に配慮して参ります。

このページの先頭へ